>

レンタルオフィスでコストを削減

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスは、地下鉄・JRの駅近などアクセスのしやすい一等地の場所に多くあります。
起業してすぐにビジネスとして最適な環境でのオフィスを手に入れることができます。
最低限のオフィス機器を備えている施設も多いため、初期費用が抑えられます。
工事なども必要がありませんので、短期間で準備が可能です。
オフィスペースも豊富なため、1人用から大人数まで対応しています。
業務拡張に伴い、同じビル・フロア内で変更できる場合もあります。
バーチャルオフィスに比べて、法人口座の開設が比較的容易に開設できやすくなります。
しかし、オーナーによって登記ができない場合もありますので、契約前には確認が必要です。
受付や電話の転送や郵便の手配、会議室の利用などオプションサービスが豊富です。

レンタルオフィスのデメリット

レンタルオフィスは、レンタルですので、改装や什器の入れ替えはできません。
スペースが限られているため、ストックや大きなスペースが必要な業務には向いていません。
狭いオフィスだと、他社と隣接していたりパーテーションが安価な場合には、話が漏れてしまうことがありますので、情報管理には気を付けましょう。
また、物販など店舗として使用することは出来ません。
オプションのサービスが細かく設定されていますので、課金制が多くどんどん追加していくと料金が高額になる場合もあります。
プランやパッケージを確認して必要なサービスを見きわめましょう。
レンタルオフィス業者が廃業してしまう恐れがあります。
小さい業者ならば、特に評判など調べておきましょう。


Share!
TOPへ戻る